不倫は弁護士に相談

不倫発覚配偶者の不倫が発覚したことで慰謝料の請求が出来ますが、これは当事者同士で話し合って金額を決めることが出来ます。しかし、当事者同士の話し合いで話しを進めることは難しいでしょう。そのため、話し合いをスムーズに進めるには弁護士に相談することがベストです。弁護士に相談するメリットについて解説いたします。

一般的に当事者同士よりも弁護士を代理人にした方が、高額な慰謝料請求が出来るのです。そもそも、当事者だけでは不倫を認めさせることが困難で、不倫相手との連絡が取れなくなることも考えられます。しかし、弁護士が交渉を進めることでそのようなリスクが無くなるのです。

また、当事者同士で話しによって慰謝料を払うことになったとしても、口約束だけで終わることも少なくありません。そのまま逃げられることもあるのです。しかし、弁護士に相談をすることで弁護士が交渉過程を記録してくれますので、口約束だけで逃げられる心配がありません。さらに、弁護士はさまざまなノウハウを持っていますので、慰謝料を支払う意思が無かったとしても裁判を行うことが出来るのです。そのため、不倫による慰謝料請求をするのであれば、いち早く弁護士に相談することをおすすめします。ちなみに、浮気の慰謝料相談を行うアディーレでは、無料相談も行っています。こちらの法律事務所もぜひ参考にしてみてください。

不倫の慰謝料の相場

お金不倫によって慰謝料の請求が出来ますが、その相場はどうなっているのでしょうか。これは不倫の状況によって金額によって変化しますが、一般的に50万円から300万円とされています。それでは、この金額はどのように決められているのでしょうか。

比較的精神的苦痛の少ない不倫だった場合、慰謝料は50万円から100万円です。具体的には離婚や別居に至らなかった、不倫の期間が短い、結婚期間が短い、などの場合がこれに該当します。

そして、精神的苦痛の大きい不倫でしたら、100万円から300万円の慰謝料になります。不倫によって良好関係な夫婦が離婚した、長期的な不倫があった、婚姻関係が長い、などの場合にこれだけの慰謝料になるのです。しかし、不倫相手との間に子どもがいるなどの場合、300万円以上の慰謝料に発展することもあります。

さらに、慰謝料の請求相手は配偶者やパートナーだけではありません。その浮気相手に対しても慰謝料の請求が可能です。しかし、いくら2人に請求が可能だったとしても、これによって慰謝料が2倍になるわけではありませんので注意しましょう。法律的な不倫とは2人が行った1つの不貞行為として考えられているため、2人に慰謝料の請求が出来るのです。

不倫の慰謝料について

婚姻届けワイドショーやスポーツ新聞などで芸能人の不倫が話題となっていますが、芸能人や有名人でも不倫をする可能性はあります。不倫をすると慰謝料が気になってしまいますが、どのようになっているのでしょうか。基本的に慰謝料が発生するのは結婚している相手だけで、それ以外の相手だった場合に慰謝料は発生しません。不倫の法律的な解釈としては不法行為に基づく損害賠償請求権です。つまり、慰謝料とは婚姻生活によって保護されるべき利益が侵害されたことに対する賠償金を指します。

そのため、婚姻届を出していない内縁関係だったとしても、パートナーの浮気に対して慰謝料の請求が可能です。しかし、この内縁関係の定義が非常に難しく、お互いが婚姻の意思を持ちながら共同生活をしている状態を指します。そのため、社会的に夫婦としてほぼ認知されている関係である必要があるのです。

近年の夫婦のスタイルは多様化を見せており、結婚式や披露宴を行ったにも関わらず婚姻届を提出しないカップルも存在します。これは夫婦別姓などの考えによるもので、これは内縁関係と言えるでしょう。しかし、同棲生活を送るカップルもいますが、それだけでは内縁関係と呼ぶことは難しいのです。

配偶者や内縁関係のパートナーによる不倫に対して慰謝料の請求が出来ますが、具体的にどのように請求したら良いのでしょうか。慰謝料請求には弁護士に相談する必要がありますが、こちらでは慰謝料請求の流れや相場について解説いたします。