不倫の慰謝料の相場

お金不倫によって慰謝料の請求が出来ますが、その相場はどうなっているのでしょうか。これは不倫の状況によって金額によって変化しますが、一般的に50万円から300万円とされています。それでは、この金額はどのように決められているのでしょうか。

比較的精神的苦痛の少ない不倫だった場合、慰謝料は50万円から100万円です。具体的には離婚や別居に至らなかった、不倫の期間が短い、結婚期間が短い、などの場合がこれに該当します。

そして、精神的苦痛の大きい不倫でしたら、100万円から300万円の慰謝料になります。不倫によって良好関係な夫婦が離婚した、長期的な不倫があった、婚姻関係が長い、などの場合にこれだけの慰謝料になるのです。しかし、不倫相手との間に子どもがいるなどの場合、300万円以上の慰謝料に発展することもあります。

さらに、慰謝料の請求相手は配偶者やパートナーだけではありません。その浮気相手に対しても慰謝料の請求が可能です。しかし、いくら2人に請求が可能だったとしても、これによって慰謝料が2倍になるわけではありませんので注意しましょう。法律的な不倫とは2人が行った1つの不貞行為として考えられているため、2人に慰謝料の請求が出来るのです。